2024年10月12日〜14日 2泊3日

What 's Bicycle Training Camp

誰も教えてくれなかった
『ロードバイクを最大に楽しむための”気づき” ”アップデート”のトレーニングキャンプ』 

 

Campを通じて得られるものは『気づき』・『Up Date』の2点です。

Campを通して『気づき』→『Up Date』する。

 

Road Bikeの乗り方を習ったことはありますか?

小さい頃に自転車に乗れるようになって、その延長で乗っていませんか?

 

ペダリングの仕方・Road bike の操作・Road Bike 機材・身体

 

全てがあなたにとっての『気づき』となり、今までの認識を『Up date』させてくれます。

 

Bicycle Training Camp の5つの特徴

 

 『個別指導とカスタマイズされたトレーニングプラン』

 コーチ、メカニック、トレーナーがトレーニングキャンプに同行することで、参加者には個別のニーズに合わせたトレーニングプランと指導が提供されます。

コーチは選手の目標やレベルを考慮してトレーニングプログラムを設計し、メカニックは自転車のメンテナンスを担当し、トレーナーはフィジカルトレーニングやコンディショニングをサポートします。これにより、参加者はより効果的なトレーニングを行い、成長を促進することができます。

 

『トラブル対応と安心感』

自転車メカニックが同行することで、万が一のトラブルや故障にも迅速に対応できます。自転車の調整や修理が必要な場合にも、メカニックがその場で対応することで、参加者は安心してトレーニングに集中できます。

 

『専門知識と経験による指導』

コーチ、メカニック、トレーナーはそれぞれの専門的な知識と経験を持っています。

コーチは自転車競技に関する戦術やテクニックを指導し、メカニックは自転車の機械的な側面をサポートし、トレーナーはフィジカルコンディショニングを支援します。参加者はこれらの専門家からの指導を受けることで、より幅広いスキルと知識を習得できます。

 

『チームの結束とモチベーション向上』

専門家がトレーニングキャンプに同行することで、参加者の間に協力と連帯感が生まれます。トレーニングキャンプはチームビルディングの機会でもあり、参加者は一体感を感じながらモチベーションを高めることができます。

 

『怪我の予防と回復』

コンディショニングトレーナーが同行することで、参加者の体調管理や怪我の予防、回復方法などについて専門的なケアが提供されます。適切なウォーミングアップやクールダウンの指導、ストレッチング、リカバリーテクニックなどが行われ、パフォーマンスの向上と健康面のサポートが行われます。

 

南伊豆町は、美しい海と豊かな自然に囲まれた理想的なトレーニングの舞台です。穏やかな気候と雄大な景色が、自転車トレーニングに最適な環境を提供します。青い海に映える緑豊かな山々を背景に、あなたの限界を超えるトレーニングに挑戦しましょう。
  

Bicycle Training Camp 申込はこちら

 Head Coach
岡 泰誠

Video Poster Image
岡 泰誠 / Yasumasa Oka
Bike、身体を整えてトレーニングすることで得られるのは貴方のスタンダードです。

Bikeや身体の使い方や整えることの重要性に気づき、整えた状態でトレーニングすることで、自分の感覚と向き合うことで『スタンダード』が得られます。

このCampをきっかけに貴方のBike Lifeがより楽しくなり、
さらなる飛躍への一歩を踏み出してください。
西谷 亮 / Ryo Nishitani

 

"自分は普段どんなふうに乗っているか?”
”効率よく格好良く乗っているか?”
これらは外からの専門家の目がないと、一生気づけないことです。
10年先までレベルアップしながら自転車を楽しむための”気づき”を、理学療法士でありレーサーでありフィッターである私がご提供します。
阿部 直幸 / Naoyuki Abe

 

あなたが自転車に乗る上での成長阻害因子は何かわかりますか。
なぜ速くなれないのか、なぜ遠くまで行けないのか。
これらを自分で勉強し、改善していくことは非常に難しいです。
皆さんがサイクリングを楽しむ上で改善する手助けを栄養であったり、医学的な知見からさせてもらえればと思います。

Mechanic
酒井 駿

酒井 駿 / Syun Sakai

 

メカニックによる洗車やその際に行う機材チェックはコーチング中のメカトラリスク軽減や機材の綺麗さによるモチベーションアップにつながると考えています。
 
機材トラブルに対する不安やその他サポートにより、精神的な安心感も増し、よりコーチングに集中することができます。
また、コーチングの途中でパンクなどのトラブルが発生した際にも、ホイール交換による対応が可能です。
 
コーチング・身体・機材と万全のサポート体制が整うことによって今までより更に一段階追い込んだトレーニングが行えると考えます。
 
最悪の場合、メカトラや身体のトラブルにより自走不可能になった際、車で宿泊地まで帰ることができる安心感は個人の合宿ではなかなかありません。
福井 響 / Hibiki Fukui

LAVAGGIO(自転車洗車専門店)

 

自転車の洗車専門店ラバッジョ代表。
「愛車とあなたを笑顔にする」を合言葉に世界でも類を見なかった自転車をターゲットにした洗車専門店を2020年に開業。大学在学時から自転車の本場イタリアでメカニック修行をし、卒業後はイタリア籍のプロロードレースチームに専属メカニックとして就職。2022年7月にラバッジョの2店舗目となる「ラバッジョとうきょう(葛西市)」がオープン。
2014年3月鹿屋体育大学体育科 修了。
1993年3月生まれ、大阪府出身。

このTraining Campの特徴でもある、メカニック、トレーナがサポートカーによる帯同によって、メカトラや身体のトラブルにより自走不可能になったでも車で宿泊地まで帰ることができる安心感は個人の合宿ではなかなかありません。

Healer and Trainer
Lifeblood

谷本 卓也 / Takuya Tanimoto

 

Road Bikeを通じて皆さんの生活が豊かになるために、まずは体づくりの面から支えていきます。
このTraining Campで『気づき』あなたの思考をと身体を『Up date』していくお手伝いをさせていただきます。
今までの体の悩みや表現できなかった理由がここにあるかもしれません。
 
 
 
奥田 一博 / Kazuhiro Okuda

 

普段から自転車に乗っているとご自身の身体の変化に気づくことは実は難しいです。
 
なぜかというと身体の良い状態とそうではない状態の違いがわからないからです。
 
このキャンプでは施術や補強トレーニングを通して身体の変化に『気づく』ことをトレーナーとしてサポートしていきます。
 
身体が正しく使えることで自転車の乗り方が変わり、楽しく長く乗れるようになります。
 
ご自身の身体への『気づき』を自転車の更なるレベルアップに繋げていきましょう。

伊豆を舞台

この地、空気、匂い、何度でも来たくなる特別なコースを肌に感じて欲しい

JU-ZA
CYCLE YADO Minamiizu

Bicycle Training Camp in Minamiizu は、指導料金と宿泊が一括になりました。

宿泊先 【JU-ZA CYCLE YADO Minamiizu 】  貸切

【料金】
 2泊2食(朝夕食付き) 夕食はアイキッチン (初日 海鮮BBQ  2日目 お弁当)

・和室 (2人部屋 or 3人部屋 相部屋)    2泊3日 125,000円

 

 

*駐車場 町営の駐車場【有料】が宿泊所徒歩5分のところにありますので、そちらをご利用ください
 ー 町営駐車場 (普通車 1泊 1000円 / 24時間出し入れ可)
 ー 静岡県賀茂郡南伊豆町子浦7

Bicycle Training Camp in Izu

Â¥110,000-

2泊3日に含まれる事

 

 

  • 宿泊に関すること
    ー 2泊3日の宿泊+朝夕食事付き
    ー 3日目トレーニング出発時にはチェックアウト後の荷物の預かり
    ー トレーニング後のシャワー利用料も含む
  • Bike Coach
    ー 3日間のコーチング
  • Bike Mechanic 
    ー トラブル時の対応
    ー 修理に必要なパーツの代金は別途料金
    ー 洗車もパッケージ内で追加料金無し
  •  Physical メンテナンス
    ー 1日目、2日目のTraining 後の身体のメンテナンス
      
     
  • 注・1 必ず自転車保険・レクリエーション保険に加入ください。


Training Camp Schedule

 2024年10月12日〜14日 2泊3日

 

 ★ DAY1 『身体をほぐすRide』+『Bikeと身体のフィッティング』

  • 移動して固まった身体をほぐすRideを1、2時間程度でほぐす
  • ローラー台でペダリングをして、フォーム、ポジションの修正、合宿期間中快適なRideができるように、機材の修正
  • ローラー台でペダリングしている時の身体の使い方を修正する。意識してできる→無意識でできるように身体の問題を評価して修正する。

https://ridewithgps.com/routes/41127434

走行距離:26.5km
獲得標高:600m
走行時間:1時間半程度

Day2にメニューを行うコースの下見、各参加者様の脚力およびフォームチェック。出発前にストレッチ、必要に応じてバイクフィッティングを行います。


 

★ DAY2 『Ride時のテクニックなど、実走を通したドリルトレーニング』
     『距離を意識したアップダウンを繰り返すトレーニング』

  • スタート前にコアトレーニング。普段は使えていない筋肉に刺激を入れて、ライドで意識できるように準備する。

  • ペダリング・フォームを修正しながらインターバル走。前半はやや強度高めです。

  • 距離よりも、ペダリングの正確さと強度を重視して行います。この日の前半が、もっとも集中力を必要とする局面になります。

  9:00~ 補強トレーニング スタート
10:00~ トレーニング   スタート
15:00~ メンテナンス   スタート

https://ridewithgps.com/routes/41127507

走行距離:55km~65km
獲得標高:およそ1300m
走行時間:4時間程度(フィードバック、休憩時間を含む)

※開始から7km地点(119号線)から反復練習が入るので、表示距離より少し長くなります。

 

登り坂でのメニューとフィードバックの様子は以下の動画をご参照ください。

https://youtu.be/amEmA6Bx2NA

この日のメインのメニューは、短い登りを反復するのでそれぞれのペースで大丈夫です。

 

・スタート前にコアトレーニング。普段は使えていない筋肉に刺激を入れて、ライドで意識できるように準備する。

距離よりも、ペダリングの正確さと強度を重視して行います。

・ペダリング・フォームを修正しながらインターバル走。重いギヤを使ったトレーニングと軽いギヤを使ったトレーニングによってペダリングにおける入力のタイミングを調整します。

・ダンシングのフォームについてもお伝えいたします。

 

この日の前半が、もっとも集中力を必要とする局面になります。

 

←1本ずつ目的意識を持って短い登りを反復する練習なので、コーチから最大限のフィードバックを受けられます。

ライドの前に使えるようにしたい筋肉に刺激が入っている&前日の施術によって必要な可動域が確保されていることで、既にイメージ通りに動きやすい身体になっています。

最高のペダリングの感覚を掴むのにまたとないチャンスになるでしょう。

 

*インターバル走では、ウエアの預かりのためにサポートカーが付きます。


 

★ DAY3『前日のトレーニングの復習をしながら距離を意識する』

  • Day2で掴んだ感覚をより長い間キープできるようにロングライドを行います。

  • 良い感覚を定着させると共に、長時間になるとどのように崩れるかという課題も明確になってきます。

  9:00~ トレーニングスタート
12:00~ 終了
13:00〜 トレーニングキャンプ終了

 

https://ridewithgps.com/routes/41127621

走行距離:76.3km
獲得標高:1709m
走行時間:4時間程度(フィードバック、休憩時間を含む)

 

余力のあるライダーが先頭を長めに牽くなどして、全員が均等に力を出し切れるようにしましょう。

厳しいコースですが、2日間しっかり身体のバランスを整えた成果を出していきましょう。

この日はコースを広く取るため、基本的にずっと伴走車が付くようにします。補給食や着替えなどを預けることができます。

 

←Day2で掴んだ感覚をより長い間キープできるようにロングライドを行います。

良い感覚を定着させると共に、長時間になるとどのように崩れるかという課題も明確になってきます。

 

※万一、大きく遅れてしまう方がいらっしゃる場合にはサポートカーによる道案内か回収を行います。放置されることはありません。

 


 

Bicycle Training Camp
in Minamiizu  
COURSE  

 
Bicycle Training Camp 申込はこちら

YouTuberのコンポ・DE・リングさんに、

Bicycle Training Camp を動画で紹介して頂いていますので
ご覧ください。

Video Poster Image
Video Poster Image
Video Poster Image

Campに参加いただいた方の感想です。